Japan Film Festival Los Angels

11th Year Anniversary

Home


Thank you for coming 2015 Japan Film Festival LA !!

WT1A0552★Japan Film Festival 2015 Grand Prix: “Yumeji”

WT1A0619★Best Actress in a Leading Role: Miss. Rina Takeda

WT1A0512★Best Actor in a Leading Role: Mr.Taro Suruga presented from Mr.Yoshio Aoki of Japanese Chamber of Commerce of Southern California president.

WT1A0484★Outstanding Achievement in Cinematic Direction: Furiko/ Norihiro Takenaga.(Starring Naoko Ken received From Kimiko Fujita of Orange County Japanese American Association president)

WT1A0493★Best Visual Effects: “The Hybrid”(Starring Naoko Ken received from Carolyn Onaga of Japanese American Cultural & Community Center General Manager)

150930173341★Outstanding Artistic Performance: Takako Tokiwa

DSC_0761★Jury Special Award: “Traveler of Wind

*******************************************************************

WT1A0411Jiba-nyan of “Yokai watch” walk around at LA Japan Fair.

WT1A0147Miss. Rina Takeda KARATE performance of “Attack on Taitan”


nuenokoRyuji Aoki(left) and Naoko Ken(center) of “Umigame” and “The Hybrid”.

WT1A0285Taro Suruga(left) and Keiji Miyano(center) of “Yumeji”

WT1A0007Rina Takeda of “Kagurame”

DSC_0667Mr. Takenaga director of ”Furiko” and Miss Sahel Rose.

DSC_0672Mr. Akiyoshi Iazeki(left) of “Tunnel of Love” and Mr. Takafumi Ota(right) of “Sunflower on the Hill.

submission

Submission Winner and Directors. Mini-mini oscar received Mr. Landis Stokes of ”American Hikikommori”!

***********************************************************************

IMG_1921Director Nobuhiko Obayashi  and Actoress Takako Tokiwa talked at the “Seven Weeks” screening
IMG_1951Director Nobuhiko Obayashi’s  Press Conference
IMG_1962Director Nobuhiko Obayashi’s “House”  Screening and talk event. 

3 Comments

  1. LA映画祭、今年は「向日葵の丘」が招待されたようです。
    いよいよ常盤貴子さんがブレイクするぞ!

  2. 常盤さんは、ずっとブレイクし輝きが増し続けてる女優だと思います。
    ベネチュア映画祭で大絶賛された映画に参加して、多くの
    映画祭に作品が出品されてます。
    損得で作品選びをしないという、自分の考えをちゃんと持ってる女優。
    ハリウッド映画より香港映画ファンなのは有名です。
    大作より自分が成長出来ると思えば福祉映画・自主映画に手を挙げてでも出る。
    ドラマ映画とどれも話題作注目作秀作として結果を残している。
    ぬるま湯に浸らず、シリーズや続編・人気漫画原作にしがみつかない。
    人気旬でなく、プロとして年々輝きを増している稀な女優。
    世界的監督や海外作品にも参加が多い。

    この女優だけはブレイクとかそんな次元でない最上級レベルを行っている。
    作品ごとに話題傑作、ヒットし、観てる人の心に残してくれる女優だから。

  3. 映画「クレヴァニ、愛のトンネル」で参加させていただきました今関あきよしです。
    前回は「カリーナの林檎〜チェルノブイリの森〜」で参加させていただき2度目の参加でした。
    この映画祭の魅力はアットホームな雰囲気と作り手と観客の距離がほとんど無いことだと感じています。
    この映画祭に参加したくて再び新作映画作りに挑みたいと考えています!
    また、参加のチャンスを頂けるように頑張りますので、何卒よろしくお願いします。

    映画監督:今関あきよし
    2015年9月30日

Leave a Reply

Required fields are marked *.


CAPTCHA