God and Atomic bomb

(C)NBC長崎放送

あらすじ
55年前の夏、一発の原子爆弾が長崎の浦上に落とされた。浦上は、日本におけるカトリックの聖地とも言える場所である。 原爆は、キリスト教に対する迫害に耐え、信仰を守り通してきた信者にとっては、理解しがたいものだったという。 原爆をめぐる戦後の日米の政治的思惑、そして怒りと祈りのはざまで揺れ続けたカトリック被爆者の半生を描く。

日本語音声英語字幕
平和と長崎 | NBC長崎放送

5月 17日(金) Chanoma House  (El Segundo) 6:00pm
305 Indiana Street, El Segundo, CA 90245
無料上映とピースネット (LA⇔Nagasaki) SOLD  OUT