東京にオリンピックを呼んだ男

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©フジテレビ

アメリカ・ロサンゼルスで青果店を経営していた日系アメリカ人のフレッド和田勇は終戦後、その商才から店を10店舗構えるほどの成功をおさめ、妻・和田正子、 長女・グレース・美弥子、長男・ジュニア・時雄、次女・マリー・まり子と大きな一軒家に住み、豊かな暮らしを送っていた。ある日、和田は、新聞記事の中で“全米水泳選手権出場のため、渡米してくる日本人選手の世話をしてくれる日系人を探している”という記事を目にし、自ら申し出る。数カ月後、やって来たのは、日本水泳チーム監督の清川を始め、“フジヤマのトビウオ”と呼ばれる選手、橋爪、古橋たちだった。大会では、敗戦国である日本への風当たりは強かった。しかし日本水泳チームは、世界記録を次々と打ち破り、9種目で世界新記録を樹立して日本中に明るいニュースをもたらした。その数年後、日本に招待された和田夫婦のもとに、日本水泳連盟会長、JOC総務主事の田畑政治から連絡が入る。田畑は、何らかの形で和田に東京オリンピック招致へ協力してほしいという…。

監督:西浦正記

出演:大沢たかお 常盤貴子 他

インターナショナル・プレミア上映  145分

9月27日(日) アラタニ劇場 午後2時25分

この映画は上映無料にてご覧いただけますが、同時開催されているジャパンフェアーの$3の入場券が必要です。入場券を購入頂いた方から先着800名となります。詳しくは下記にアクセスください。

http://japanfair.org/buy-tickets/

または、213-626-3067 まで、