“わさび”
ドラマ/アメリカ初上映 /30 分
心臓病を抱えた父を守るため実家の寿司屋を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとしない周囲の大人達。そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた少年野球チームの監督・梅田庄吉。粉雪が舞う静かな夜、葵が庄吉に野球の勝負を求める。・・・老いた庄吉との真剣勝負は、葵に人生の苦みと哀しみ、そして新しい希望を与えるのであった。懸命に生きる17歳、「わさび」のようにみずみずしくもツンと辛い青春物語。
製作・監督・脚本:外山文治
出演:芳根京子、杉本凌士、下條アトム、富田靖子 ほか
“父の樫の木、母のおにぎり”
ドラマ/アーバイン初上映 /15 分

第二次世界大戦の前のロサンゼルス、樫の木が見える美しい丘の上で幼いサチは、父から人生のこと、家族のこと、そして伝統について教えられました。1941年12月7日、世界は永遠に粉々にされてました。 彼女と彼女の母親は不当に拘禁されており、彼女の父親は軍隊から二度と帰ってきません。 10年後サチの父親と一緒に植えた樫の木は、神秘的に生き残っていました。

監督:マサノリ・ババ 出演:サヤ、ジョナサン・フェルドマン、岡野進一郎、タムリン・トミタ

http://www.onigirifilm.com/

“折鶴 2015”
ドラマ/アーバイン初上映 /25分

人種や国境を超え「平和な世界と未来への心」を繋いでくれた佐々木禎子さんの「折鶴」。折鶴にまつわる実話を基に、アメリカに移住した日本人の男の子が禎子鶴によって導かれた人々(サダコさんの家族や真珠湾攻撃の生存者)との出会いや体験を通して成長していくストーリーです。短編映画を通して子供の目線で「相手を理解する事」「想いやりの心」「命の大切さ」「友情」などのメッセージを世界の子供達へ伝えます。(戦時中のシーンはありません)文部科学省選定映画

監督:曽原 三友紀 出演:Takamaro, Reyna , Jed Mills

http://www.orizuru2015.com 曽原監督が来場トーク

“春なれや”
ドラマ/アメリカ初上映 /20分

桜の町・熊本県菊池市を中心とした桜をモチーフに短編映画。吉行和子主演、『春なれや』の物語ができたきっかけは俳句です。短編映画は俳句に近い気がしています。短い中で永遠を語ることができる点が両者にあると思います。今回の題材を探していたところ、「ソメイヨシノは60年経つと咲くことができない」という一説を知り、物語を作ることができそうだと思いました。「永遠」がなくても確かな「希望」が桜にはありますよね。その希望こそが私達にとっての永遠なのだという想いを、桜と人間を重ねて伝えることができたらと思っています。

監督:外山文二 出演:吉行和子、村上虹郎、篠原篤

“Fateful day”
ドラマ/ 世界初上映 /5分
2人の偶然の出会いが彼らを危険へと導いていく
監督:エドワード・ミンザー 出演:エドワード・ミンザー、ナタリー・オマリー、ポーラ・ケリー
“いつもそばに”
アニメ / 世界初上映 /6分
ある女の子とパンツの成長を描いたワンカットアニメーション。
監督:細山広和
*************************************************************************

 

★アーバイン短編&公募映画上映 1 pm上映開始  @YAMAHA Music Center
5月7日(日)「わさび」+「折鶴2015」+「春なれや」+「父の樫の木と母のおにぎり」
       *「折鶴2015」の曽原監督&「父の樫の木、母のおにぎり」の馬場監督のトーク!

 

★ガーデナ短編&公募映画上映 12 pm上映開始  @New Gardena Hotel 
5月14日(日)「わさび」+「いつもそばに」+「Fateful day」Mizner監督挨拶
       +「春なれや」+「父の樫の木と母のおにぎり」馬場監督挨拶

 


“Date & Venue”